奥様必見!ブランド買取で高価買取対策

ブランド品を高額で買い取ってもらうには?

ブランド買取においてニオイ対策は重要

ブランド買取において特にバッグでは、ニオイが評価を下げるポイントになります。ブランド品バッグをクローゼットの中にしまい込むのは、カビが作られニオイが発生する原因です。有名なブランドバッグの多くがヨーロッパで製作させたものです。フランスやイギリスの気温は日本とあまり変わりませんが、日本の湿度はヨーロッパ諸国より格段に高いです。梅雨や夏は最もカビが発生しやすいです。さらに冬も雨や雪で湿度が上がったり、暖房で常に部屋が暖かったりするので四季を通してニオイ対策をする必要があります。

カビは湿気と汚れが慢性化することで生じます。レザーや綿、麻などを使ったバッグは要注意です。エナメルや化学繊維、合成皮革は内側が綿や麻でできている可能性があります。雨に濡れたまま放置したり、汚れを落とさなかったりすると危険です。カビは一度発生すると、拭き取っても再び発生しやすいので、ブランド買取で好まれません。

カビを防ぐには雨に濡れたときは、陰干しでじっくりと乾かして、汚れもきちんと落とします。乾燥剤を用いて保管場所は湿気が少ないところを選びます。綿や麻にはあらかじめ防水スプレーをしておくと、雨に濡れること自体を防げます。ただし防水スプレーがバッグを変色させないか、購入時に確認しておきます。せっかく対策を行っても、変色したらブランド買取で不利になります。

また防虫剤のニオイも避けます。虫食いを防ぎたい場合は、無臭の防虫剤を使用します。ブランド買取で稀にあるのが、化粧品のニオイです。カビを隠すために香水を使っても逆効果です。また女性の部屋にはアロマオイルやルームコロン、ヘアスプレーなど香りものが多いです。

それらは一度付着したら取り返しがつきません。布であったら確実に黄色いシミになります。ブランド買取で高評価を狙うために、化粧品の近くにバッグを置かない、ルームコロンはビニール袋に入れておくなどの対策をします。一時的には良い香りでもその度合いが強すぎると、ブランド買取ではマイナスの評価になってしまいます。

洋服は洗えば解決しますが、バッグの場合は風通しの良い場所で様子を見るしかありません。バッグの汚れやカビについては、ブランド品専門のクリーニングサービスがあります。素人判断では限界があり、さらに状況が悪化する恐れがあるので、困ったときは専門の業者に相談すると良いです。防虫加工を施してくれるクリーニング店もあります。

Copyright(C)2015 奥様必見!ブランド買取で高価買取対策 All Rights Reserved.